ココでの日々。


by lun_lun_deracine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

また、住所不定の身となります。(笑)

ここ数年、予期もせずか、仕方なくか、好んでか、こんなことが起こるのです。
海外であったりね、日本国内であったりね。

今回はそう長期間でないと思われますが、どうだろ…

PCは使えるかカモシレナイけれど、ブログはどうかな。


また居所が定まったら、書き始めましょう。


d0112881_174987.jpgd0112881_181067.jpg











慣れとはコワイ(?)ものです。
あんなに苦くてマズイって思ってたトータスジェリーも好んで食べるようになりました。
シロップは、特別2つつけてもらってるし、一度に全部は食べきれないけれど…
ここの味ともお別れね。(涙)

住所不定も慣れれば、旅行キブンで楽しい???


気が向いたらまた覗きに来てくださいね。ごきげんよう♪
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-29 01:22 | ヒトリゴト

お月見

予定ではすでに引越しを完了してるはずだったのに…


会う人、会う人に
また痩せた?
なんか疲れてる?
といわれる始末。

たった一週間の間にいろいろなことがあり過ぎて、呼吸することもくるしい。
落ち着いてから、ことの顛末は書くことにします。

大変だったよなぁ。って笑ってかけますように…


引越しをしなくてよかったから、火曜日のお月見を楽しみました。
これだけがよかったこと!
現実逃避。ともいうかな。


d0112881_0555548.jpg











地下鉄の駅に飾られてたランタン。
d0112881_0561155.jpg










d0112881_0571712.jpg






フラットのエンタランスに飾られてるランタンは
star fruitを模したもの


d0112881_104263.jpg
d0112881_112767.jpg









いつもはお葬式用品を売ってるお店も、
この時期は「紙製品」つながりでランタンやに変身。

ウサギの後ろに見えるのは、お線香やお墓参りに使う紙のお金たちです。

ここで私はチビのStar fruitのを、Georgeはスポーツカーのを購入。

Georgeは伝統的習慣が大好きなので、去年は彼の友達と一緒に
お月見スポット(?)のPeakへいきました。
真っ暗な山道をランタンを灯して歩くなんて、ワクワクドキドキ。
童心に返るってこのことなのね。いつも返ってる気がするけど。
でも今年は近場で。

ランタンをもって歩く人子ども以外を全く見かけず、
じろじろ見ていく通りすがりのヒトたち。
ランタンを下げて、街中をぶらぶら歩いたいい年したふたりです。

ふん!いいんだもん。一年に1回だし!

お天気が思わしくなく、お月見はできないかなぁと思っていたけれど小雨は降ったものの
雲の切れ目からきれいなお月様を見ることができました♪

公園には、たくさんの中高生のグループや、ミドルエイジのグループ。
みんなランタンやろうそくを灯してお菓子を食べたり、おしゃべりして夜更けまで集うそう。

子どもの時から月を見るのが大好きな私。
満月となれば電気を消して、カーテンを開け放して…
変身はしなかったけどね。
だから、このmid autumn festivalは、香港の行事の中で一番好きなもの。

来年はまた、Peakに登れるといいな。
今の状況を振り返って、大変だったねと、ヒトゴトのように言いたいです。。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-27 01:33 | ヒビ

秋の大切な行事

今度の火曜日は、Mid Autumn festival~中秋節~
家族や親戚と集まって食事をして、満月を楽しむ日。
ちょっと早めの、gatheringに私もおよばれ。

d0112881_1135265.jpg

ものすごく広いレストランに、人人人!!
テーブルを置けるだけ置いてるからか、トイレにたつのも一苦労でした。
いったい何人いるんだろ。

いつもは、個室で食事の前にマージャンをやってるけど、今日はなかったみたい。
親戚の皆さん、日本人だろうとおかまいナシに話しかけ、世話を焼いてくれる温かい人達。
気さくな人たちで、全く気を使わなくてイイ。…私が外国人だからかな。

どこのテーブルも、おじい、おばあから孫までの世代が集まってとても賑やか。
日本の家族にちょっと会いたくなったぞ。

この時期に欠かせないもの一つが、Moon cake~月餅~。
ナッツが入ってるのもあるけれど、蓮の実の餡にsalty duck yorkが入ってるものが主流。
甘くてしょっぱくて、ちょっと重いsweets。
ちょっと食べれば、もういいかな。(笑)


Moon cakeはお世話になった人、取引先などへ贈ります。
なので、去年George宅にはたくさんのMoon cake達が到着。
パパさんといろんなメーカー、種類のを食べくらべしたっけ。

私の家族は、チャイナな風味が強すぎるからイラナイってことなので・・・


d0112881_133329.jpg





老舗といわれてるところのは、
月餅好きな日本の伯母一家へ


d0112881_1334558.jpg
       



  
     
     お茶付きのセットはGeorge一家へ
       いろいろな餡の詰め合わせ




Moon cakeは8月の終りから当日までいろんなところで、いろんな種類が売られてます。
d0112881_1481188.jpgd0112881_1482413.jpg








ショップだけでなく、レストランや各MTRstationの中にも特設売り場が。


d0112881_1561523.jpgd0112881_1572458.jpg








広告もいろいろ。なぜかファイティングポーズのkelly Chan。。


d0112881_24019.jpg

香港の人も、香港製がイイみたい。
去年だったか、古いmoon cakeを再利用した中国産があり、ニュースになってた。


d0112881_2175230.jpg

snowy moon cakeといわれるモダンなスタイル。
去年食べたけど、どんなのか忘れちゃった。
求肥のようなもので、抹茶味、小豆餡が包まれてたような…
伝統的なものと違い、あっさりして食べやすかった。


今年食べてビックリしたのは、ペニンシュラホテルもの。
duck yorkもぼそぼそしてなくて、餡としっかりマッチした味。
甘すぎなくておいしい!!
さすが、ペニンシュラ☆
なので、George家に贈ろうと買いにいったけれど、sold out。
来年は早めに予約しよう!

そういえば、今年はまだこれしかmoon cake食べてないな。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-24 02:28 | HK

秋の夜長

d0112881_12912.jpg

MOS BURGERで、仕事帰りにひとりごはん。

引越しのための冷蔵庫整理に飽きちゃったのです。
それに部屋にダンボール箱が溢れ始め、食事をする雰囲気じゃないの。(涙)

たしか今年の2月か3月に、香港一号店がオープン。
新しいモノ+Japanese products大好きな香港人。しばらくは大行列だったらしい。

そんなMOSも今は香港に4店舗。
ココは、ワカモノのエリアMong Kok(旺角)のブランチ。
なのに、香港らしからぬ静か~な雰囲気。
ワカモノは割安なMcDへ行くのね、きっと。よかった~!

d0112881_1332259.jpgd0112881_1333121.jpg













ビルの谷間のテラス席。
日中は、まだまだ暑いけど、日が落ちた後はいい風が吹いてくる。
テラス席にして正解♪

d0112881_1352386.jpg

            やっぱり、照り焼きバーガー!!


d0112881_23139.jpg
           ケチャップを入れる容器付き!細かいね~!

普通は皆さん、トレイペーパーの上にぐにょぐにょと出して使ってます。コレ、ちょっと嫌。

私、ケチャップは使いません。
モルトビネガーがあったら最高なのになぁ。


オープンしてすぐの頃は、なんじゃこりゃ??やっぱりね↓↓な味。
食べようといった言いだしっぺをうらんだけれど、今日のは日本の味とおんなじ!
香港仕様テイストはやめにしたのかな。
Chipsも太めで嬉しい~!レタスもた~っぷり、ウマイッ♪とパクパク。
しかし…真ん中あたりにたどりつくと、レタスの存在はほぼ消滅。(涙)


それでも懐かしい味を頂いて、まったりできたよい夜でした。
また来よう~っと☆
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-21 02:24 | タベル

普通な食卓


今回は日本食の日!

d0112881_132784.jpg


とんかつ
レンコンのきんぴら
大根のおみそ汁

キュー○ーのゴマドレッシング。
パッケージは中国!でも、味は日本のとおんなじで懐かしかった~!
今度は冷シャブサラダをしようかな。


うちでソボクな日本食を食べるのが一番好き。
とんかつ、二枚も食べちゃった。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-19 01:39 | タベル

おうちで笑、食。

Georgeが遊びに来た日、久しぶりにそこそこちゃんとしたご飯をこさえました。

Georgeは、果物キライ、野菜キライの肉食種。
おさるのクセに・・・
なので、私の作るものは、野菜たっぷりの嫌がらせ愛情料理♪
にらみつけてるかわいいワタシが作ったとなると、食べる気になるみたい。
d0112881_157679.jpg

チビチンゲンサイのガーリック炒め
塩味チキンウイング
レッド&オレンジペッパー乱入したマーボーなす
卵とねぎのスープ

…超シンプル。
食卓に並ぶお皿の数は、頭数分+1にスープが香港の基本らしい。
数的にはOkデス。






d0112881_271832.jpg

マーボーナスなど、ご飯のお供にぴったりおかずを作る強い味方
イギリスでも日本でも大活躍してくれました。
使う料理が決まってるみたいだけれど、気にしない!気にしない!
しょっぱさが強いので、私はお砂糖とお酒を加えてマイルドにして使っています。


おさるさん、思い出したように「オイシ~」と日本語を発するので結構オモシロイです。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-14 02:21 | タベル

笑、笑、笑と食

週末は、恒例になった香港女子とのお食事会。総勢8人!!

一度、メンバーの一人が「昨日食べたからヤダ」の一言で却下になった
北京ダックの会~!!(パチパチパチ!!)


場所は、香港島のCauseway BayにあるショッピングモールLEE GARDENの中。
IMPERIAL KITCHEN
北京・上海料理のレストランです。
今は亡きGeorgeのおばあちゃまと初めてお会いした思い出の場所。
ちなみに、LEE GARDEN1・2には有名どころのブランドショップ、全て入ってます。

予約をしていたけれど、40分近く待たされた私たち!(ブー)
後から来た少人数グループはどんどん席へ案内されます。(高木ブーブー!)
みんなピーチクパーチクやってましたが、空腹がMAXになったため段々無口に…
しかし、香港女子はすごい!
この間に、デザートを無料でつけてくれるよう交渉し、注文も決定済み。
そして料理が運ばれてくると、まってました~と言わんばかりに、それぞれに分配。
お皿のものがきれいになくなっていく、いく!

しかし、メインの北京ダックがなかなか出てこない。
そうなると、私たちのテーブル近くに北京ダックがくるたびに、
「それ私たちの??」って聞きまくり。それに、真顔で「違う」というスタッフ。
きっとこんなこと普通なのでしょう。

デザートまで食べるテンション、喋るテンション両方をキープ。
…器用です。

みんなキラキラした美人さんばかりなんですよ~。(念のため)
それに香港の人って、食べ方が汚いから閉口しちゃうことが多いけれど、
この女子たちは、食事の仕方がみんなと~ってもきれい!


            ****食したもの****

携帯で撮ったので、写り悪し。。

         前菜 …散らかっとります。
d0112881_218154.jpg





塩味の豚肉のゼリー寄せ
湯葉(?)で魚を巻いて揚げたもの
中国酒につけてある蒸し鳥 
そして、スープは蟹とフカヒレ入り


d0112881_2254450.jpg






高菜のようなお漬物と
一緒に蒸したお魚
甘酸っぱい黒酢ソースで合えた揚げ大蝦




わかりにくいけれど、香港式の北京ダックは皮の部分だけでなく、身も一緒に食べます。
d0112881_2315037.jpg










d0112881_2315931.jpg










北京ダックを巻く餅(ピン)?Pancake?は下からスチームドされているので、簡単にとることができます。
これは、結構重要!
pancakeがさめてくっつきあったり、お皿にくっついて始末におえなくなるのです。

ただ、このpancake、しっとりというよりさっぱり。
私はもう少ししっとりもちもちで、薄いほうがイイな。(だから扱いが難しいんだけど…)

d0112881_2433683.jpg






冬瓜のスライスに中華ハムをのせた
蒸し物
小龍包



この前にもひとつ、野沢菜のようなお漬物が入ったさっぱり餃子があり、さらに北京料理によくでてくるバナナと餡子が入った軽い揚げ物デザート、果物で終了。
ほとんどが、オーソドックスな上海・北京料理です。

d0112881_2521963.jpg

私のお茶に茶柱が4本も立っていたので、みんな更にハイテンション!!
香港では縁起がいい意味はありません。
でも日本に留学経験者がいるので、その解説で大盛り上がり!!


よ~たべました。

次回は鍋!です。

もしかしたら
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-12 03:23 | タベル

秋の気配。そして…

d0112881_203587.jpg


2,3日前の夕方、ふと秋のにおいがした香港。
晴れたり、曇ったり、かみなりが鳴ったりと不安定な天気だけど、ずいぶん過ごしやすくなりました。

職場の女性に「香港に秋が来ましたね~」って言ったら彼女、
「Nooo!It's still hot!Just getting better!」との返事。

彼女はロンドンにもおうちがあり、数ヶ月ごとにイギリスに戻ってます。
すでに、夏だか秋だか冬だかわからないイギリス。(ですよね)
それに比べると、香港はまだまだ夏!ってこと。

・・・わたし、香港の天気になれちゃった?
鼻で笑ってたけど、近い将来、私もダウンジャケットとか着ちゃうの??

いやです、いやです!!

未だ、将来的にはイギリスに戻るって気持ちを持っている。(できたら、明日にでも!)
この天気に慣れてしまったら、イギリスでの生活が辛くなっちゃうかもしれない。


フラットを共同購入してるクセに、まだまだ往生際がワルイです。




そして、ミニバスのドライバーにおなじみさんができちゃった。

このおっちゃんドライバー、『暴れはっちゃく』のお父さん役(古っ)をもっと、悪人顔にしたような人。ドライビングも乱暴で、愛想もワルイ。
しかし、かなりプロ意識が強いと見た!
信号が青に変わったのに気がつかないで、乗客につつかれることもないし、
運転中、携帯で話してるとこもみたことない。
乱暴なドライビングは、「迅速」に命を懸けてる証し!?ってくらい速い!速い!
それに、誰もが振り返る私の広東語にも、サッ!と手を上げて答えてくれるオットコマエさ☆
毎回、降り際に「ありがとう」(もちろんアヤシイ広東語♪)って言う私を覚えていてくれ、
最近「オウ!」(=ホウ(好)!ってコトかしら)と、顔を見て答えてくれる。

香港でこんなこと初めて!
やっぱり、こうでなくっちゃっ!嬉し~♪


それから、同僚に、最近きれいになった(いや~ん)って言われちゃった。
彼女(残念ながら、女性)曰く、香港の生活に慣れてストレスが少なくなったからなんじゃない~ってコト。


しょっちゅう、眉間にシワがよってるんですが…






どうも心とは裏腹に、無意識下では香港社会になじんでいるようです。
…いいのか、悪いのか、フクザツな乙女ゴコロ。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-08 02:35 | ヒビ

愛だろっ愛。

d0112881_155156.jpg
                 Georgeの愛




d0112881_156852.jpg
                 ワタシの愛



            ************

先日、我が家のベッドルームの電球が切れました。
天井がとても高いので、脚立がないと無理。
でかい脚立を運び込むのもひとりじゃムリ。
で、脚立が借りられなかったりで1週間放置。
そのままじゃカワイソウだと、電球の交換にGerogeが仕事帰りに来てくれることに。
なので、一緒に食事をして、Georgeがさっと帰れるように食事を準備して仕事へ。
先にフラットに来ているはずのGeorgeにご飯だけ準備してもらおうと、帰りがけに電話。
しかしすでにGeorgeは電球を換えて、家に帰ってるところデシタ。

で、フラットに帰ったらGeorgeの愛がテーブルの上に。


Gerogeは冷蔵庫の中のワタシの愛を発見し、ヒドクがっかりしたんだって。
大好きなJapaneseカレーを食べ損なった、ヨシギュウなんか食べるんじゃなかったと…

ワタシの愛への感動とガッカリ感、どっちが大きかったかはあえて聞かなかったけれど、
お互い思いやりあったということで、
愛は二つとも、私のお腹におさまったってことで(?)、
めでたし、めでたし。


「あ・れ・も、愛~、きっと愛ィ~、たぶん愛ぃ~♪」By マツザカ ケイコさん

ちなみに、今回も脚立が借りられなかったGeorge。
ブックシェルフによじ登って換えてくれたそう。
さすがおさるさん、ありがとうぅぅ!でも、危ないのでもう二度とやらないで~!
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-06 02:32 | ヒトリゴト

ちょっとそこまで…

ついに、メインランドチャイナへ~!!

香港の人は安いものを求めて、よく大陸へ渡る。
確かに、近いっ!
KCR(香港の鉄道)に乗ると、1時間するかしないかで到着!!

中国ってこんな近くにあるのねぇ…

香港居住民なので、IDカードでゲートイン。
しかし、パスポートコントロールを通らなければならない。
久しぶりのコトなので、入国書の記入を忘れ、慌てふためく。
にこりともせず、入国書をヒラヒラさせ書くように指示するスタッフ。怖いようぅ。

中国ってやっぱり外国?

パスポートコントロールを通るだけでなんか、ちかれた。。

香港の人は買い物によく行くとはいっても、やはり危険は危険らしい。
道を歩いていたら、ネックレスを引きちぎられたとか、
バッグをひったくられたとか…

なので行動範囲は、パスポートコントロールがある建物と
そこに続くショッピングモールのみ。


d0112881_124099.jpg

ショッピングモールの下には、メインランド内の各地へ行くバスターミナルが。

d0112881_1261589.jpg

ショッピングモールの入り口付近には、バッタモノを売るお店がたくさん。

d0112881_1284554.jpgd0112881_1285563.jpg










ショッピングモールの中は、中国本土のかおりがプンプン。
薄暗くって、ほこりかぶって、20年くらい時をさかのぼってる。

ロゴがプリント、刺繍、トレードマークがでっかい…などなど
いろいろなバージョンのAnyaのバッタモンが。

d0112881_131731.jpg

       今回の目的であるマッサージ場。

古い日本の温泉センターみたい。しかも、経営がうまくいってないような雰囲気の(笑)

写真にことごとく失敗しちゃって(storeできてないとか…)結局写真はこれだけ。(涙)
中に入ると、鍵が2つ(!!)かかるロッカーに案内され、荷物を置いてシャワーを浴びる。
シャワーを浴びたら、用意されてる浴衣(?)に着替え、マッサージ室へ。

このマッサージ場はずいぶん広いかんじ。
個室になってるマッサージ室がいくつもあり、そのエリアにたどり着くまでに
テレビを見ながら足ツボマッサージが受けられるエリアが。

温泉センターの休憩室みたい。

マッサージは2時間。
部屋に通され。香港人の友人と文字通り、頭の先から指の先までたっぷりマッサージ。
まず体全体をマッサージした後は、オイルを塗って念入りにやっていく。

マッサージをしてくれる人は、英語は全く通じず。すべて、友人が通訳してくれた。
彼女がいなかったら、ワタシどうなってたかしら…

2時間はあっという間!
ずっと肩に乗っていた荷物をおろしたみたいに軽くなったぁ~♪

チップを40ドル(600円)ほどあげて終了。

ここで働いている人は、田舎からの出稼ぎ者。
だから働きながら広東語を学び、マッサージを学び…と苦労しているらしい。

チップを10ドルしかあげない人もいるけど、頑張ってくれたし香港人の友人も、
それ位したほうがいいというアドバイス。
施術の料金は80ドル(1200円)以下だから、40ドルのチップもたいしたことナイ。

着替えるところにも、スタッフがいてロッカーの開け閉めとかいろいろ世話を焼いてくれる。
あ、もちろんチップ目当て。


その後、たくさんの生地を売ってるところへ。品物には値段がついてない。
きっと吹っかけられるんだろうなぁ。

d0112881_1443475.jpgd0112881_153884.jpg











d0112881_1574484.jpg
d0112881_1593780.jpg










その隣には、テーラー(そんなリッパなもんじゃないけど)がたくさん並んでる!!
しかし仕立ては指示通りにはなかなか行かず、何度も作り直しでイライラするらしい。
満足がいくものを作るのコトは不可能なのかしら、やっぱり。


d0112881_202645.jpg

この方々、反省してうなだれてるのではありません。お食事中です

d0112881_21327.jpg


生地が山積みの狭い通路でも、楽しそうにお食事中の方々がたくさん。
なんだか…。でも、これがこの人たちにとっては普通なんだよね。


この後飲茶をしたレストランでは、まだあどけなさの残る女の子や男の子が働いていた。
しかも、仏頂面で世間ずれしてるところが見え隠れ。カワイクナイ。
飲茶もなんだかおいしくない。

帰り際、子どもを抱いたベガーにしつこく付きまとわれた友人。
こんなにしつこいの久しぶりに見た。ちょっと怖い。


…付きまとわれなかった日本人のワタシですが、何か?


ずいぶん前に北京・上海に旅したときにかんじた切ない感覚。
都会育ちと、田舎育ち。上層部の人間とそうでない人間。
それでも生きてく、たくましさとしたたかさ。
…人生です。

広東の街の端っこ。
d0112881_2111953.jpg




d0112881_227023.jpg

購入したぺちゃんこももちゃん。
6つで20ドル(約300円)!甘くておいしかった~♪

いろいろ緊張もしたし、考えさせられたけどまた来てもいいかなっ。

マッサージはとても気持ちよかったし、次回は足ツボマッサージにも挑戦しよう。
そして、今度こそおいしい飲茶レストランへっ!


ヒトはゲンキンです。(笑)
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-09-04 02:49 | タビ