ココでの日々。


by lun_lun_deracine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Hello Again!

また、1カ月ぶりのブログです。

一度スローダウンしたものを取り戻すのは、ホントに大変。
更に、PCの故障にも見舞われ… はぁぁ。。でした。

今だ、本調子じゃないPCクン。頼みますよ。突然止まったりしないで下さい。

さて、イースターホリディには一時帰国をしていました。
3,4年ぶりのNippon!
久しぶりの里帰りということで、Georgeも一緒。
今回の目的のうち、2つのコトは達成できませんでしたが。ほぼ満足。

日々、「うろたえて」ました。

d0112881_1193168.jpg

香港に戻って、写真をみると食べ物のはこれだけ。
毎日、母の手料理を食べるのか外食をするのか、身を切るよう選択を迫られていたのに…
美しい和食の数々、友人の作る和菓子、そして私とGeorgeのために考えてくれた、イタリアンの特別コース。

我ながら、食べることとしゃべることにどれだけ夢中になっていたのか…

でも、久しぶりにおいしい日本牛をステーキ・すき焼き・イタリアンで堪能。
大好きなえんがわのお寿司を嫌というほど頂きました。

スーパーも夢の国!地元産の新鮮な野菜に溢れています。(←当たり前)
日本は食料の自給率がとっても低いらしいけれど、田舎だから違うのでしょうか。
この状態が続くといいなぁ。

あ、中華はやっぱり香港のほうがおいしかった。
そして、レストラン・カフェなどどこでもたばこの煙を感じるのがザンネン。
香港はレストランや公共施設内での喫煙が法律で禁じられています。
たばこを吸う人にとっては不便なことだけれど、嫌煙家・子ども連れには安心です。
歩きたばこって問題も出ていますが・・・

達成できなかったことのひとつは、Gerogeに桜を見せること。
私も、ずいぶん桜を見てなかったから、すんごくザンネン。
私の帰港直後、すごい勢いで咲き始めたとのこと。・・・いけず


しかし、地元周辺を観光しました。

d0112881_11285363.jpgd0112881_11291469.jpg













d0112881_11302119.jpg



d0112881_11314280.jpg










d0112881_1132145.jpg










d0112881_12381726.jpg










なぜか、外国人に間違われていたワタクシ。言動が怪しかった???
でも日本人は、親切です。日本語で質問しても、一生懸命英語で答えてくれました。
「日本人です」といっても、理解に時間がかかったオジサマ。
その後の照れ笑いが、かわいかった!
「ああそう~。だから、日本語が上手なのかっ!ワッハッハ!」
しかし、おかげで外国人になりすまし、ちんどん屋さんの写真を撮ることができました!
Georgeは、日本人に間違われたのに…なぜ??



家族との久しぶりの再会。
「オトコの料理」な、母の味。
「あら、こんな時間!」ってなるまで、他愛もない話をする母と妹たちのと時間。
いつになっても変わらないものでした。。

そしてずっとご無沙汰していた友に会い、時間がいくらあっても足りません。
ほとんどの友人たちとは、Bebeやパートナーを伴っての再会。
「ゆっくり話せなくてごめんね~」って、異口同音に言ってたけれど、みんなの幸せオーラで私もシアワセ♪
友のいつになっても変わらない優しさと心遣いに、感謝、感謝!






d0112881_11545654.jpg


ずっと会いたかった、この小さい人との対面。
友のBebeとの対面とは違う気持ちがするのですよ。
私と同じ顔をしているからかな。血。なのかな。
オバの私にそっくりでも、義弟のお父上にも似ていたり…
人の遺伝子はフシギです。

こんなに小さいのに、一人遊びが大好き。かなり個人主義のよう。

d0112881_1238403.jpg

私とGeorgeを理解してくれたのかな。
男の人が苦手らしいのに、Georgeと二人きりで遊ぶ場面も見られ、彼はメロメロ。
写真のほとんどは、この小さい人で占められていました。

しかし、もうひとつの大きな目的だった、父にGeorgeを紹介するという目的は果たせず。
過去に、社長と社員という立場で衝突した父と私。
その後、父と娘という立場でなんとか関係を取り繕っていたけれど、衝突そして別離ということをクリアーにしなければ、私の人生には文句は言うけど関与しないとのこと。
更に、外国人ってことも気に入らないらしい。・・・あなたにも、外国人の友はいるのにね。

相容れないものがあって衝突したのだから、簡単に謝ることはできないのですよ、父さん。

このような事態を予測はしていたものの、Georgeに申し訳なかった。
そして私を家族のように迎えてくれるGeorgeのご両親にも…

でも、父の怒りに触れるであろうに、私とGeorgeを受け入れてくれた母や妹たちには感謝です。おかげで、楽しいひと時を過ごすことができました。


後ろ髪を引かれる思いで日本を離れましたが、香港についたらなんだかほっとしました。
今、I'm home!というのは香港のようです。
[PR]
by lun_lun_deracine | 2008-04-09 13:02 | タビ