ココでの日々。


by lun_lun_deracine
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

古きよき香港を食べる

さ、さむい!
週末は夏が来た!ってくらい、暑かったのに、気温急降下。。。
香港の方々、ダウンジャケットを、また引っ張り出してきた模様。







「行ったことのない古いレストランがある。飲茶をしに行こう」
ってことで週末、地下鉄に乗って飲茶へ。


d0112881_1344957.jpg

エレベーターガールばあちゃんの案内でファーストフロアに上がると、そこはもうレストラン。


d0112881_315552.jpg

人はいるのに、静かでまったりとした雰囲気。

d0112881_1402140.jpg
d0112881_140344.jpg








メニュー。手書き印刷がレトロ。
これは、点心~ディムサム~というより、普通の料理メニュー。


d0112881_1592716.jpg

準備はOK!



・・・ディムサムはどこ?


d0112881_1571534.jpgd0112881_1573197.jpgd0112881_1574362.jpg










ワゴンを押すディムサムガールズばあちゃんを待つのみ。
どのディムサムが食べれられるかは、彼女たちのみぞ知る。
そして、運次第。
ひたすら彼女たちの登場を待ち、「マ~ライコォ~なんたらかんたら~♪」
との声に耳を済ませて、「ちょうだ~い」という。

この日、私たちが行ったのは午後1時過ぎ。
朝5時から営業しているというこのお店にとって、もう終盤戦の時間。し、知らなかった。

待てど暮らせど、ガールズは登場しない。
やっと登場し、手に入れたのが蓮の実餡のお饅頭。
d0112881_294920.jpgd0112881_210572.jpg












d0112881_250875.jpg

ディムサムを選ぶと、注文表に丸をつけてくれる。




ひょっこり顔を出したエレベーターガールばあちゃんに
「叉焼包はもうないから、あれ食べとき~」って言われて・・・
蓮の葉に包まれたおこわ。

d0112881_2145562.jpg

以前食べたものは、独特の風味がガツ~ン!!だったけれど、中華の香りは控えめ。パクパク食べられる☆
具は干ししいたけ、干し蝦、ダックエッグ、鶏肉など??それにしてもデカイ!!


コレが出てくる数秒前に、米麺焼きそばのあんかけを注文してしまっていた…

d0112881_227081.jpgd0112881_2271090.jpg
3人分(?)の焼きそば。ぼけちゃったけど、人参は蝶の形♪




お米の麺のこげた部分と、そうでない部分のバランスがいい☆カリカリ香ばしく、ふんわり柔らか。あっさりしていたけれど、鶏肉や野菜の味がしっかりしてて美味☆結局完食!

そして、馬拉糕~マーライコウ・中華風蒸しパン~
d0112881_219105.jpg

まだあった~!
層になって間に薄くカスタードが入っていたりするけれど、これは、層はなし。お砂糖の甘みのみの素朴で優しい味。



結局、蝦餃~蝦入り餃子~も叉焼包~チャーシュウ饅頭~も品切れ。

だからみんな、ただまったりと新聞を読んでたんだ。

d0112881_2411829.jpg

編み物をしていたオカーサンも。

昔々は、ワゴンで運ばれてくるディムサムをただ待ちながら、家族と話をしたり、新聞をよんだりして、数時間ゆっくりすごしていたそう。

しかし、時は金なり。現代香港人。そんな時間はない。
テーブルについて、注文表の食べたいものにティックしてスタッフに渡す。
クイック&イージー。口をきかなくても、事足りそう。

そして、小龍包やマンゴープティングなどが加わり、メニューの種類も豊富になった。
そんなものは、このレストランにはないとのこと。



結婚披露宴ができるような飾り付けがしてあり、昔はきっと金ぴかだったんだろうなぁ~と、遠くを見つめるGeorge。・・・キミはいったいいくつだ???
でも確かに、椅子のデザインや欄間の彫刻もステキだった☆


たくさんのおばあちゃんが働いているこの店。ゆっくりとした雰囲気はきっとそのせい。
なにやら話しかけられていたGeorgeがうらやましかった。
英語を話すへんてこな香港人と思しき私たち。気になって世話を焼いてくれていたらしい。


今度は早起きして、ゆっくりと飲茶したいなぁ♪
[PR]
by lun_lun_deracine | 2007-04-04 03:38 | タベル